CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ブラックホーク・ダウン
ブラックホーク・ダウン (JUGEMレビュー »)

”米軍ヘリ墜落”と言えばこの作品でしょう。こちらの場合は撃ち落とされてますが・・・
MOBILE
qrcode
<< リンク追加:Good Speed | main | オリンピック放送 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コンフェッション(WOWOW)
コンフェッションConfessions of a Dangerous Mind/アメリカ(2002年)
監督:ジョージ・クルーニー
製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ
製作:アンドリュー・ラザー
脚本:チャーリー・カウフマン
撮影:ニュートン・トーマス・サイゲル
音楽:アレックス・ワーマン
出演:チャック・バリス/サム・ロックウェル
   ぺニー・パチーノ/ドリュー・バリモア
   ジム・バード/ジョージ・クルーニー
   パトリシア/ジュリア・ロバーツ
   キーラー/ルトガー・ハウアー
   デビー/マギー・ギレンホール
放映時間:113分

1960年代。草創期のTV業界に飛び込んだ青年チャックは、出世を夢見て次々と斬新な番組を企画するが、ことごとく採用されずに落胆していた。そんな時、バーに入り浸る彼の前に謎の男が現れる。彼は、CIAの工作員をスカウトしていると語り、チャックに目を付けていたのだという。男の話に乗ったチャックは、表はTVプロデューサー、裏は工作員という二重生活を送ることになった。やがて「デート・ゲーム」「新婚ゲーム」などの番組でヒットを飛ばした彼は、有力プロデューサーとして世界各国を旅しながら、CIAの任務をこなして行く。

従来のスパイモノとは違った内容のこの作品。内容を全く知らないで鑑賞したのでこんな風に展開するとは思いもしなかった。

ジョージ・クルーニー初監督なんだと。製作に名を連ねているスティーヴン・ソダーバーグの臭いがプンプンするね。もちろん良い意味で。

また、彼の作品の常連でもある役者さんが出ていて、ワンカットのみのだけどブラッド・ピット、マット・デイモンは良い味出してる。

以外なところで言うと、ルトガー・ハウアーだろう。ブレードランナーのレプリカント役は強烈なインパクトを与えたし、ヒッチャーでも凄い役回りだった。
その後はB級作品の出演が相次いだり、レプリカント役からは信じられないほどユルユルに弛んだ体になったりして寂しく思ったこともあった。

で、今回この作品で久しぶりに出会った訳だけど、見直しました>ルトガー

時間にするとほんのちょっとだけど嬉しくなる演技を観せてくれます。
ジョージ監督ありがと♪
| 鑑賞記-ハイビジョン | 20:25 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:25 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://paikaji.jugem.cc/trackback/151
トラックバック
コンフェッション
BSDで『コンフェッション』を見ました。
| 自己満足的まぜごはん2 | 2004/09/20 8:33 PM |