CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ブラックホーク・ダウン
ブラックホーク・ダウン (JUGEMレビュー »)

”米軍ヘリ墜落”と言えばこの作品でしょう。こちらの場合は撃ち落とされてますが・・・
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
AV SURROUND AMPLIFIER:DENON AVC-A1SR
DENONのDVD PLAYERと来ればこのアンプ。

現在はAVC-A1SRAとなって、A1SRには無かった機能(ドルビープロロジックIIx・HDCDデコーダー搭載・DENON LINK New Version)が追加されています。

私のAVアンプの遍歴は、
 ソニー TA-V55ES
 オンキョー TX-DS898
 デノン AVC-A1SR
と、てんでバラバラなのですが、当時はそれなりの購入動機があり、
◆ソニー TA-V55ES:LDのAC3に対応していること
◆オンキョー TX-DS898:DVDがメインになり仮想の音場ではなく、ストレート再生をメインにしていること
◆デノン AVC-A1SR:デノンリンク対応であること
が主な動機でした。
TX-DS898購入後はまさかこんなに短期間での買い換えを予想しているわけでもなく、僅か数ヶ月というのは無謀とも言える行動ですね。

AVC-A1SR導入後のTX-DS898は、貴重なAV仲間のシステムへ組み入れられることになり、現在も大切に使われているようです。


無数に並ぶ入出力端子郡。現在の接続機器は、DVDプレーヤー、BSデジタルチューナー2機の音声系のみで、映像系は未使用です。

フォーマットの大きな変更でもない限り当分買い換えは予想していません。と、言うかローンが未だ残っているので買えませんが(^^ゞ
| 使用機器 | 10:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
DVD PLAYER:DENON DVD-A1
思い立ったように使用機器の紹介などをしてみます。

紹介の順番には何の意図もありません。まずは、DVDプレーヤーから

DENONのかつてのフラッグシップ機で、現在はDVD-A11にその座を譲っています。

三管プロジェクター(SONY VPH-1251QJ)との組み合わせで使用していたPioneer DV-S838Aからの変更で、導入時期は2002年末です。

DV-S838Aに特に不満があったわけではないのですが、当時最高水準の14 bit /108 MHz高速・高精度ビデオDACの映像とはどのようなものなのか?と、言う気持ちが日に日に大きくなり購入したのを覚えています。

そのDV-S838Aは2002年5月に購入したので約半年での器機の入れ替えとなってしまいました。

で、肝心の映像の向上度合いは劇的と、言うほどでもなく、その後のマスタークロックLclok改造等が大きな変化をもたらしました。
※これはDVDプレーヤーだけの問題ではなく、三管プロジェクターの調整や私の視聴環境に大きく依存している問題なので、器機の絶対評価ではありません。

現在は、Multi-Region&PAL Progressiveになり国内版DVDのみならず、米英DVDを楽しんでおり満足度はかなり高いですね。

豊富な出力端子を持っていますが

現在使用しているのは、
 映像系:コンポーネント出力
 音声系:DENON Link
の2系統とシンプルになっています。

最近はスケーラーを搭載したDVDプレーヤーも多くなってきていて、浮気心も出てきそうですが、しばらくは現役で頑張ってもらいと思います。
| 使用機器 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |