CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ブラックホーク・ダウン
ブラックホーク・ダウン (JUGEMレビュー »)

”米軍ヘリ墜落”と言えばこの作品でしょう。こちらの場合は撃ち落とされてますが・・・
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スパイダーマン2(シネマスQ5番館)
スパイダーマン 2Spider-Man 2/アメリカ(2004年)
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア
   キルスティン・ダンスト
   アルフレッド・モリーナ
   ジェームズ・フランコ
   ローズマリー・ハリス
上映時間:127分

グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。青年ピーターの生活は多忙を極めていた。大学で科学を専攻する傍ら、バイトに明け暮れる毎日。そしてひとたび事件が起これば、スパイダーマンとなってニューヨークの街を飛び回る。一方、女優の夢を実現させたメリー・ジェーンは、ピーターへの想いを断ち切り、新しい恋人との未来を踏み出そうとする。孤独な日々に疲れきったピーターは、ついにスパイダーマンを辞める決心を固めるのだった。だがそんな時、最強の敵ドック・オクが出現。ピーターはヒーローとしての決断を迫られる!

これは大当たり祝
劇場で観るべき作品ですね。二人の恋も収まるところに収まったようで、今後のスパイダーマンの活躍に期待がもてます。

劇場で良かったのだから今後発売されるDVDやハイビジョンでの放送がとても待ち遠しいです。なにやら米国版は今秋(11月)にも発売されるようですのでいち早くチェックできますね♪


よーやく、先々週からJUGEMサーバーのトラブルで溜まっていた鑑賞記をUPすることができました。ふぅ〜やれやれです。

| 鑑賞記-映画館 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(シネマスQ8番館)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN/アメリカ(2004年)
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:ハリー・ポッター/ダニエル・ラドクリフ
   ロン・ウィーズリー/ルパート・グリント
   ハーマイオニー・グレンジャー/エマ・ワトソン
   シリウス・ブラック/ゲイリー・オールドマン
   ルビウス・ハグリッド/ロビー・コルトレーン
   アルバス・ダンブルドア/マイケル・ガンボン
   セブルス・スネイプ/アラン・リックマン
上映時間:142分
ホグワーツ魔法学校の新学期。街では危険な脱獄囚シリウス・ブラックの話題で持ちきりだった。噂によると、ブラックはハリーの両親をヴォルデモード卿に引き渡し、死に追いやった張本人。そして、今度はハリーの行方を追っている。ダンブルドア校長は、アズカバン牢獄の看守、ディメンダーを見張りに立てるが、彼らの闇の力はハリーにも影響を及ぼしていた。新任教師ルーピンから、魔力に対する防衛術を学んだハリーだが、ブラックの影はすぐそこまで近づいていた。
タイトルどおりだとハリーと囚人の対決になりそうだが全くそうじゃなかった楽しい

熱狂的なファンは原作を読んでから劇場に足を運んでいるはずなので問題は全くないが、私のように原作を読まないでいると肩すかしを食らうはず。

大きくなった子ども達を見ると一作目から随分時間が経っているはずなのに感情的にはなれないのは本質的に好きな作品じゃないからだろう。

では何故わざわざ劇場まで足を運んだかと言うと、「夫婦の日(毎月22日)」だったから汗 割引料金の魅力は大と言うことです。

しかし、スチームボーイと合わせて余り楽しめませんでしたね〜
当日はその後「トロイ」を観る予定だったのですがこの2作品で疲れてしまい帰ってしまいましたショック

口直しで観とけば良かったと後悔してます。
| 鑑賞記-映画館 | 15:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
スチームボーイ(シネマスQ9番館)
スチームボーイSTEMBOY/日本(2004年)
監督:大友克洋
声:レイ/鈴木杏
スカーレット/小西真奈美
ロイド/中村嘉葎雄
エディ/津嘉山正種
ロバート/児玉清
デイビッド/沢村一樹
サイモン/斉藤暁
アルフレッド/寺島進
上映時間:126分
19世紀半ば、世界初の万国博覧会を目前にしたイギリス。研究のため渡米中の発明家・父エディと祖父ロイドの帰りを待つレイ少年もまた、発明が大好きな男の子だ。そんなある日、レイのもとに謎の金属ボールが届く。祖父のロイドからだ。すると今度は、父と祖父をアメリカへ招いたオハラ財団の使者と名乗る男たちが現れ、ボールを奪おうとする。自作の一輪自走車に乗り、ボールを抱えて逃げ出すレイ。だが蒸気歯車メカで追いかけてくる男たちに捕まり、万国博覧会のパビリオンに閉じこめられてしまう。そこでレイはアメリカにいるはずの父エディと再会し、金属ボールの秘密を知る。超高圧力の蒸気を高密度に封じ込めた球体。それは人類の歴史を塗り変える力を秘めた驚異の発明〈スチームボール〉だったのだ! 財団はその力を兵器として世界中に売りさばこうとしていた。
「おじいちゃんは、戦争のためにスチームボールを発明したんじゃない!」
 レイと財団のボールをめぐる争いは、やがてイギリス軍までが出動する大騒ぎになる。その騒動の中、スチームボールのさらなる秘密が明らかに……。科学とは、人類の希望なのか、それとも禁断の知識なのか。科学の持ちうる真のパワーを信じ、レイは《スチームボーイ》となって大空へ飛びたつ!
スピード感が無く観ていて刺激を受けることなくラストを迎えてしまったしょんぼり

どのシーンを観てもドキドキワクワク感が乏しく、ストーリー自体に問題があるかも知れませんね。

AKIRAの疾走感などは何処へ吹き飛んでしまったのでしょうか?
原作も良く、アニメーション化されても作品の質は下がらなかったんですけどね〜

また、セリフが不明瞭な箇所が多く(特に爺様)、余計作品にのめり込めませんでした。

とても残念な結果です汗
DVDの購入は見送ってハイビジョン放送でもされたらエアチェックするかな〜ぐらいの気持ちです。ホントに
スチームボーイ公式HP:http://www.steamboy.net/intro.shtml
| 鑑賞記-映画館 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
デイ・アフター・トゥモロー(シネマスQ1番館)
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : 20世紀フォックス映画
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:デニス・クエイド、ジェイク・ギレンホール、イアン・ホルム、エミー・ロッサム、サラ・ワード


二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化が深刻化する中、古代気候学者のジャック・ホール(デニス・クエイド)は、自らの研究結果をもとに大規模な気候変動を予測し、学会で注意を呼びかける。それから数ヵ月後、世界各地が前例のない異常気象に見舞われる。巨大ハリケーンがLAを襲い、大津波がマンハッタンを呑み込む。ジャックの仮説が予想外の早さで現実となったのだ。ジャックは人々を南に避難させるよう合衆国副大統領に進言するが、政府は事態の深刻さを理解しない。やがて気温が急激に下降し始め、北半球は氷河期に突入してゆく…。
期待しないで観たのが良かったのか最後まで楽しめた。
某災害もののように”愛”だの”友情”だのが全面に出なかったのが良かったのだろうか。
スペクタクル部分も全編にちりばめられており、TV予告などで観たようなシーンだけになっていないもの良かったかも。
DVDの発売が今から期待される作品だ。
| 鑑賞記-映画館 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Dawn of the Dead(シネマスQ3番館)
Dawn of the Dead
(リンク先はAmazonUS。米国でのDVD発売は10月5日に決定)
オリジナルのDVD(米国版)を購入したのといいタイミングで、2004年リメイク版を鑑賞した。
冒頭の市街地がパニックに陥るまではスピード感がありかなり満足度高。しかし、ショッピングモールあたりからテンションはドンドン下がる・・・
う〜、苦しいねラストなんか・・・。だってゾンビの動きが早すぎて襲われるのもアッという間。主要な登場人物が速攻で死んでいく。最近のあっさり嗜好だとこれもアリなのかな?私は物足りないぞぉぉぉ!
もう少しグチャグチャのドロドロを見せてくれー!!!
と、かなり消化不良に陥ってしまった。
| 鑑賞記-映画館 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
イノセンス(シネマスQ・4番館)
押井守監督
公式HPhttp://www.innocence-movie.jp/index1.html
あまり評判がよろしくないようだが、前作を視聴済みなのでここは観に行かなければと思い足を運んだ。
案の定、隣で観ていた妻は熟睡・・・。途中の部分は憶えてないだろうな。映像はとても綺麗だがキャラクターとの描き方に差があるようでどちらにとってもよろしくない結果になっている。例えば背景シーンのみであればとても美しいのだが、そこにキャラが描かれると浮いてしまうのだ。
内容は特に問題なく理解できた。これは前作を観ていたからだろう。いきなりこの作品から入ると難しいだろうな。


| 鑑賞記-映画館 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |